ラグビーを愛する御屋形のブログ

ラグビーが好きでたまらないおっさんのブログ

第六節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ メンバー発表

年度末に近づくとどうしても仕事が忙しくなり、ブログ更新が遅れてしまいます。

明日、2月23日(日)13:00〜 東芝ブレイブルーパスと対戦です。

場所は神戸ユニバー記念競技場

 

前節の東芝ブレイブルーパスパナソニック・ワイルドナイツと戦い、非常にいいパフォーマンスを発揮していました。最終的には点差をつけられましたが、競ったいい試合でした。

リーチ選手、ラベマイ選手、ストラトン選手、ナイカブラ選手、ベイトマン選手が非常によかった。要注意ですね。両ウィングの足が速いので、神戸のディフェンスが鍵になりそう。

 

出場選手はこちら。

www.kobelcosteelers.com

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズは前節、メンバーに入っていなかったトム・フランクリン選手、ダン・カーター選手、リチャード・バックマン選手が先発で出場。

今節は、日和佐選手・カーター選手のコンビ。昨シーズンよくみられたコンビです。

東芝ブレイブルーパスとはフィジカルバトルになるでしょうから、フォワードの頑張りが鍵になりそうです。

神戸製鋼コベルコスティーラーズがボールを持っている時間が長ければ、安心して見ていられそう。その逆だと怖い相手ですね。

ただ、前節の東芝ブレイブルーパスを見ていると、後半の20分過ぎから足が止まる傾向がみられました。神戸製鋼コベルコスティーラーズが攻撃を続ける展開になれば、突き放せるんじゃないでしょうか。

KiPuRu

安井選手、今村選手も楽しみですね。

個人的にはコージー(ヘイデン・パーカー選手)が見たかったです。

 

明日は現地で観戦します!!

スカパー(jsports)は(私にとっては)最悪のオンデマンド放送。

しか〜し、地上波のMBS毎日放送)が放映してくれます。

 

ここで勝ち点5を取れるか取れないかで、今後の戦いにかなり影響がでそう。

勝つことはもちろん、勝ち点も意識して戦って欲しいです。

 

We are  We are Steelers !!

トップリーグ2020 第五節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 試合結果

2月15日(土)に第五節が神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われました。

対戦相手はリコーブラックラムズ

スカパー(jsports)での観戦でした。

木曜日に発表されたメンバーから重選手が外れて清水選手が入りました。

重選手のプレーを楽しみにしていたので、残念です。

 

今日の解説は小林深緑郎さんでした。独特の間での語り口が心地よい解説です。

バイウィークを挟んでの試合で、なおかつ今シーズン初出場の選手がいたので、前半は気持ちが前面に出ていてミスが多く、ストレスの溜まる内容でした。

細かなミスが多く、フォワードパスノックオンなど、ボールが手につきません。

ラインアウトも二度ほどスティールされるなど、波に乗れない試合展開。

神戸製鋼コベルコスティーラーズの攻撃と、その時のレフェリーの立ち位置が相性悪く、そこでもイライラの原因になったんじゃないか、と思います。

また、リコーブラックラムズフォワードの頑張りもあって、接戦で前半を終えました。

後半に入ると神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手の動きが見違えるように素晴らしい動きに。

攻撃のときは相変わらず見惚れるほどの攻撃を見せてくれましたが、ディフェンスが堅かった。トライを奪われることなく試合が終わりました。

林選手も素晴らしいパフォーマンスでトライを2つも取ったし、ハッティング選手も

フィールドプレーが良かったし、山中選手のカウンターアタックも良かった。

レタリック選手のハードワークには心を打つものがありますね。

試合結果は以下の通り。

www.kobelcosteelers.com

スカイツアーズ

 

そんな中、気がかりな事が。

1.コージー(ヘイデン・パーカー)選手のゴールキック

これまでサンウルブズでもキック成功率九割以上だったのに、今日は5本くらい外しました。左足の怪我が万全ではないんでしょうね。体型もまだ絞れてない感じに見えました。

2.観客数が少なく感じました。

天気もあまり良くなかったし、新型コロナウイルスの影響もあったでしょうか。

(熊谷ではほぼ満員でしたが)

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦の前にパナソニックワイルドナイツ東芝ブレイブルーパス戦を見ました。

かなりハイレベルな試合で、パナソニックの強さが目立った試合でした。

東芝もかなり仕上がっていて強かったんですが、最後は足が止まってしまいました。

それに比べてパナソニックは最後までフィットネスは落ちませんでした。

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズは次節、東芝ブレイブルーパス戦です。

フィジカル勝負になるでしょうが、しっかりと勝ち点5を取って勝ってもらいたいです。

次節は試合会場で観る予定です。

第五節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ メンバー発表

バイウィークを挟んで待ちに待った第五節が2月15日(土)に神戸ユニバー記念競技場で開催されます。

対戦相手はリコーブラックラムズ。まだ本調子ではなさそう。

もともとフォワードの強いチームだから油断は禁物です。

 

両チームの出場メンバーはこちら ↓

www.kobelcosteelers.com

 

グラント・ハッティング選手が今シーズン初出場。

レタリック選手と張選手もいてラインアウトは問題なさそう。

コージー(ヘイデン・パーカー)選手と重一生選手も先発メンバーに入ってきて、嬉しい限りです。特にコージーは大好きな選手なので、期待したいです。

重選手も大好きな選手です。いつ出てくるのかと待っていました。

 

林選手・井関選手の若い選手もリザーブに入っていて、活躍を期待したいです。

このメンバーだと、コージーがもし怪我したらスタンドオフの交代はやっぱりエリス選手なのかな?山中選手もラファエレ選手もできると思いますが、これまでの流れだとエリス選手ですかね。

 

トム・フランクリン選手・DC(ダン・カーター)選手・リチャード・バックマン選手の名前がありません。コンディションの関係かな?

 

今節も財政難のためスカパー(jsports)で観戦します。

第6節の東芝戦には試合会場に行こうと思っています。

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズ 頑張れ!!

 

私がスカパー(jsports)を観る理由

私はスカパー歴約20年です。

スカパーに加入しようと思ったキッカケはラグビーワールドカップを観るためでした。

その当時、日本ではラグビーが今ほどメジャーではなく、一部のファンがいる程度でした。ですのでラグビーをテレビで観る、という事があまりありませんでした。

大学ラグビーでは早慶戦早明戦、そして1月2日の大学選手権の準決勝と、決勝戦、社会人ラグビーは数試合、シーズンの最後に日本選手権(社会人の優勝チームと大学の優勝チームが対戦)が1月15日にあったので、その放送くらい。

ホントにテレビ中継って少なかったんです。

その状況は今もあまり変わりませんが、スカパーやDAZN等で見れるようになりました。

 

 

なぜスカパー(jsports)なのか

スカパーはラグビーワールドカップを全試合放送してくれます。

番組放送の日程も工夫してくれていています。

これだけラグビーに力を入れてくれる放送はスカパーだけではないでしょうか。

トップリーグも毎節4試合程度は放送してくれます。

スーパーラグビーももちろん、放送してくれますよ。

シックスネーションズはWOWWOWのみのようです)

 

スカパーの魅力

1.実況がおもしろい

民放地上波での中継では、アナウンサーも型にはまった喋りで面白みに欠けます。それがNHKでの中継となると、アナウンサーの口調が堅苦しくて面白くありません。

その点で、jsportsのアナウンサーはかなり自由に実況してくれるので、面白いです。

特に矢野武アナウンサーや谷口廣明アナウンサーはいい感じです。聞いていて心地良いといいますか、一体感が得られる、そんな実況をしてくれます。

 

2.解説者が個性的でわかりやすい解説をしてくれる

解説者としては小林深緑郎さん・藤島大さん・村上晃一さんがいいですね。

かなり細かい情報を届けてくれますし、試合をみていても邪魔にならない解説が嬉しい。押し付けがましい事も言わないし、難しい試合でもポイントを解説してくれるので、勉強になります。

なんせ自由な雰囲気なので、試合会場で観ていて横で解説してくれているような、そんな感じになります。

 

3.元選手の解説者もいい

野澤武史さん・大西将太郎さん・(今はサンウルブズでコーチの)沢木敬介さんでしょうか。

戦術的な解説は勉強になります。野澤さんはデータを駆使した解説、大西さんは試合状況に合わせた解説、沢木さんは静かな語り口が印象的。

 

アフターサービスも充実

スカパーはアンテナとチューナーが必要です。

20年近く加入していると、アンテナが不調になったり、チューナーが壊れたりすることがあります。そんな時にカスタマーサービスに連絡すると、場合によっては格安で交換してくれたりします。非常にサービスがいいな、ということが何度もありました。

アフターサービスがいい、というのは大きなポイントですよね。安心感が違います。

 

さいごに

今はラグビーシーズン真っ只中。

毎試合、試合会場で観れればいいんですが、金銭的理由でなかなか観に行けないので、スカパーが頼りになります。

最近ではオンデマンド放送が多くなりましたが、それでも毎節4試合程度jsports1・2・4で放送してくれるのはありがたい。

できれば神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を中心に放送して欲しい、と思うのはファンのわがままですね。

これからもラグビーがある限り、スカパーを見続けようと思っています。

 

 

トップリーグ2020 第四節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 試合結果

2月2日(日)に第四節が神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われました。

対戦相手はNTTドコモレッドハリケーンズ

 

スカパーではjsportsオンデマンドでしか放送がなく、映像が見れませんでした。

ですので、ツイッターにて情報を集め、神戸製鋼コベルコスティーラーズのホームページにてライブレポートを見て、という具合に試合経過をたどりました。

 

試合結果は圧倒的な試合内容だったようで、97ー0で神戸製鋼コベルコスティーラーズが勝利したようです。

 

特にナエアタ選手が大活躍だったようで、1試合で5トライをとりました。

トップリーグ初出場の選手も活躍できたようですので、嬉しい限りです。

 

もっともっと若い選手が出てきて、選手層を更に厚くしてもらいたい。

次週はバイウィーク。

 

2月15日にリコー戦があります。

次もスカッっと勝ってほしいですね。

 

第四節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ メンバー発表

前節のサントリーサンゴリアス戦では苦しい戦いを強いられましたが、そんな中でもしっかりと勝ちきった神戸製鋼コベルコスティーラーズ

 

第四節の対戦相手はNTTドコモレッドハリケーンズ

関西のチーム同士の対戦です。

開幕節で三菱重工相模原ダイナボアーズに勝利してからは、東芝サニックスに連敗して今節を迎えます。

 

両チームの出場メンバーはこちら ↓ 。

www.kobelcosteelers.com

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズの注目選手は、フランカーで出場のブロディ・マクカラン選手とリザーブの今村 陽良選手。トップリーグ初出場の選手です。このチャンスをしっかりとものにして、成長してもらいたい。

そして、中島イシレリ選手。今節はプロップではなくロックで出場。

ハーフ団は豪華な顔ぶれ。エリス選手とカーター選手。オールブラックスコンビです。

チャーリー・ローレンス選手と井関選手も楽しみ。

 

今回もスカパーのjsportsでの観戦・・・・・・・・・・・・って、jsportsオンデマンドでの放送しか無いんかい!!別途料金が発生するので、オンデマンドは観ません。

昨年度のトップリーグチャンピオンの試合なのに放送がないなんて。信じられない。

 

なので今回は観戦できません。

(今回も試合会場へは財政難のため行けないのです)

 

今節は若い選手が多く出るので、楽しみにしていたのに、映像が見れないのは非常に残念です。

ですが、しっかりと勝ち点5を取ってもらいたいと思います。

 

トップリーグ2020 第三節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 試合結果

1月26日(日)に第三節がノエビアスタジアム神戸で行われました。

対戦相手はサントリーサンゴリアス

 

スカパーにて観戦していると、どうやらピッチの状態があまりよくないみたいだった。

(水を撒きすぎやな、とレフェリーが言っていたのがマイクを通して聞こえていた)

 

前半からサントリーサンゴリアスの攻撃が続き、防戦一方だった神戸製鋼コベルコスティーラーズ。先制点はサントリーサンゴリアスだった。

チームの特色の出たいい攻撃でのトライで、嫌な展開になりそうだった。

それでも神戸製鋼コベルコスティーラーズもボールを持ったら素晴らしい攻撃を見せてくれた。まだ細かな部分での精度はこれからな部分が多いが、迫力のあるアタックがみれた。

サントリーサンゴリアスとしては、テビタ・リー選手の(余裕でトライできる場面での)ノックオンが痛かった。

 

優勝を狙うチーム同士の拮抗した接戦で、ハラハラしながら観ていましたが、総合力で神戸が勝りました。イエローカードを2枚も貰うほど押されていた試合をものにしたのは大きい。いろいろと反省点の多い試合でしたが、勝ててよかった。

 

レフェリングについてあれこれと言うのは好きではないが、偏ったレフェリングになっていたように感じました。(一番近くにいるレフェリーが正しいと思いますが、テレビ観戦だとそういう印象を受けた、ということです)

終盤のサントリーサンゴリアスの中鶴選手のトライこそ、TMOで確認すべきだったと思います。(私にはノックオンに見えましたが、ARの久保さんがトライを確認されていたからノックオンじゃなかったのでしょうね)

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズはDCがフルタイム出場していました。控えとしてエリス選手がいたんですが、スタンドオフは本職ではないから、競った試合ではなかなか替えにくいのかもしれませんね。

スタンドオフの層の薄さが懸念されます。(コージーがいれば問題ないのですが、怪我してるっぽい)

それにしても観客数が26000人を超えていたのには驚いた。

 

試合結果は以下の通り。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ  35

サントリーサンゴリアス      29

 

神戸製鋼コベルコスティーラーズが見事勝利〜。

次はNTTドコモ レッドハリケーンズ戦。

次も勝つぞ〜。